防犯カメラ設置によりマーケティングにもたらす効果とは

マーケティングとして防犯カメラを導入する企業は増えている マーケティングとして防犯カメラを導入する企業は増えている

経営者が実際に行なっている取り組みとは

様々な機能を兼ね備えている防犯カメラですが、一体どのように使われているのでしょうか。実際に高性能防犯カメラを設置した経営者の取り組みを紹介します。

経営者の取り組み

マーケティングと防犯強化をしました。(B社)

POSシステムで得られるデータだけでは、業務改善に向けた明確な取り組みが見いだせずにいました。一括管理機能がついている防犯カメラを設置したことにより、全社で来店者データが管理できるようになりました。データに基づいたレイアウトに変更することで、顧客単価の増加につながったのです。防犯カメラとしての精度も高く、暗く映像が分かりにくい駐車場といった場所でも鮮明な画質で確認できるようになりました。防犯効果が高まったことで、万引きや窃盗などのロスが軽減できたのも嬉しい限りです。

まさに一石二鳥

マーケティングに関するデータのみならず、防犯カメラとしても優れた機能が搭載されています。事故が発生したときも、映像データを証拠として警察に届けることができるため、スムーズな解決が期待できるでしょう。

POSシステムとの連動でマーケティング効果を得る

防犯カメラを設置するなら、POSシステムと連動することが勧められます。連動によってマーケティング以外にも、大きな効果を発揮するのです。

連動で得られるメリット

新人教育ができる
レジ内に設置している防犯カメラでは、従業員の接客業務を確認できます。レジ研修の際には映像データを使用することで、問題点の洗い出しが的確に行えるでしょう。お手本となる従業員の接客業務を録音して、指導ツールとして使用するのも効果的です。
取引映像の検索ができる
高額商品の取引や、クレームといったイレギュラーケースの対応にも防犯カメラは役立ちます。POSシステムだけでは分からない当時の状況も調べることができるため、より明確な問題点の洗い出しができるでしょう。

バックヤードの設置も有効的

店舗内だけではなくバックヤードといった場所も、従業員の働きぶりを調べることができる場所になります。カメラを設置しておくことで、従業員の業務意識の向上にもつながります。

TOPボタン