より正確なマーケティングのための防犯カメラ設置

マーケティングとして防犯カメラを導入する企業は増えている マーケティングとして防犯カメラを導入する企業は増えている

ネットワークタイプの防犯カメラがおすすめ

マーケティングに活かすのであれば、ネットワークタイプの防犯カメラ設置が勧められます。ここでは、ネットワークタイプの防犯カメラの優れた機能について解説します。

ネットワークタイプ防犯カメラの特徴

店舗を複数経営されている場合は、映像データをクラウド化にしておくと良いでしょう。本社にマーケティング戦略に関する専門部署を設けておくことで、正確性の高い市場調査が可能となります。ネットワークタイプの防犯カメラであれば、記録したデータをPCやスマホ、タブレット端末などで確認ができます。そのため、緊急を要する事態の際も、迅速な対応をとることができるのです。

マーケティングにおすすめの理由

リアルタイムに店舗の状況をチェックできる
各店舗に設置された防犯カメラは、ネットワークを経由して本拠地で一括管理が可能となります。ドーム型の防犯カメラであれば、360度の全方位から店舗状況が調べられるので、迅速に状況把握ができるでしょう。遠隔操作によってズームインやズームアウトといった操作が行なえるため、死角を作ってしまうような心配もありません。録画したデータは、全店舗に共有することができます。店舗改善に必要な映像資料が、データとして共有できるのでスピーディーな対応ができるのです。
映像と音声で来客者の行動が分かる
防犯カメラは、映像だけではなく音声データの録音も可能です。映像だけでは分かりにくいシチュエーションでも、音声データがあれば正確な状況把握が可能となります。売れ筋商品を陳列している棚の周辺では、来店者のリアルな意見が非常に重要な資料となります。来客者の店内での動向や、意見などを最大限に活かしたレイアウト作りを心がけることで、売上増加が期待できるでしょう。

カメラの機能を存分に活用するためには

マーケティングに特化した防犯カメラ業者から事業形態や店舗面積に適したカメラや、設置個所に関するアドバイスを聞くもの良いでしょう。想像以上の効果が期待できるはずです。

TOPボタン