マーケティングだけじゃない~防犯カメラ設置で顧客満足度を高める~

マーケティングとして防犯カメラを導入する企業は増えている マーケティングとして防犯カメラを導入する企業は増えている

常連客の識別が可能

防犯カメラはお客様に喜んでいただける店づくりにも効果的です。顔認証システムを活かして、お客様に喜んでいただく方法をみてみましょう。

お客様の満足度が上がる

作業員

防犯カメラには高い水準で識別を行なう、顔認証システムが搭載されています。顔認証システムは登録している人物が来店した際にアラームなどで通知する機能です。通常であれば、万引き犯などの顔を登録することが多い機能ですが、常連客の顔を登録しておくことで来店時の対応が早急に行なえます。複数の店舗で常連客の管理ができるので、満足いただけるサービスが提供できるでしょう。 こういった防犯カメラを使ったおもてなしサービスを行なっている企業は多くなっており、今後は接客業のサービスとして主流化していくと考えられています。

イベント時の設置もおすすめ

イベントやフェアは来店者確保のためにも、継続的に行なう必要があります。そのようなシーンでも防犯カメラは大きな力を発揮するのです。

スーパー経営者から聞く~防犯カメラ活用術~

フェアを企画する際に使用しています(スーパー経営者)

フェアやイベントは来店者数こそは増えますが、再来率は低いと言われています。そのため、販売商品や来店者の同線を確認することで、関心の高いアイテムを常設するようにしています。POSや防犯カメラで割り出したターゲットに沿ったイベントを企画することで、再来率を確保したイベント運用ができるようになりました。

売上向上を目指し防犯カメラ設置

防犯カメラやPOSシステムを駆使すると、正確なデータが入手できることが分かりました。しかし、そのデータをフル活用するためには、マーケティングに関する専門店な知識や経験が重要となります。マーケティング調査を専門機関に外部依頼することで、より細かい分析が可能となるでしょう。まだ旧式の防犯カメラを運用されているのなら、業務改善の一環として最新式の防犯カメラの導入を検討されてはいかがでしょうか。

TOPボタン